医歯薬系 医学部 合格体験談

(I.Sさん 明石)
中高一貫学校の勉強のスピードが速いので、僕はあまり深く理解することもなく、テスト前に少しだけ勉強して、定期考査は乗り切っていました。しかし、全国規模の模試になると成績は散々な結果でした。特に理科(物理・化学)は苦手すぎて、教科書をみるのも嫌でした。このままだと希望している医学部には到底合格できないと悩んでいる中で先生と出会いました。僕の苦手な理科に対して「単なる暗記ではなく、何故そういう現象が起こるのか?」ということを根本から解説してくれて、授業に興味がもてるようになりました。「理科」という科目は本当に先生の教え方次第で、こんなにも得意科目になれるものだと実感できました。医学部受験では、成績上位の受験者は英語・数学の実力差はあまり大きくありません。合皮を分けるのは理科(物理・化学・生物の中から2科目)なので、本当の先生の授業を受けることができて良かったです。先生に教えられた内容は、医学部に入学してからも基礎講座の勉強で非常に役に立っています。

(H.Kさん 神戸)
私は現役生の頃、予備校に通いながら毎日猛勉強をしていましたが、結果は不合格でした。医学部受験の学習内容のレベルは非常に高いので、解答集を参考にして自分ひとりで勉強をしていてもよく理解できないところが多く、学習効率が悪かったことが原因だと思いました。浪人時代に予備校と併用しながら、開西エースを利用したのですが、先生に教えてもらうようになってからは、自分で解決できない問題があると、直ぐに質問をして、マンツーマン授業により解決することが出来ました。その授業の行われたときに解説だけではなく、類題や発展問題も用意してくれたので、より一層理解が深まりました。私の担当の先生はなんでもできる方だった為、数学、物理、化学だけでなく英語の自由英作文の添削も丁寧に指導して頂いたので助かりました。