在籍大学生 生徒体験談

(R.Kさん 明石)
私は学内の推薦入試で薬学部に入学しましたが、毎日のレポートが多いだけでなく、予習、復習の量も多すぎで、学校の勉強についていくのが困難でした。前期テストで単位を落としてしまい、留年の危機に陥りました。そこで、大学生のサポートをしている家庭教師がいることを知り、このセミナーから派遣して頂くことになりました。
大学のシラバスやテキストの問題を非常に丁寧に解説して頂いたので、基礎学力が不足している私にも十分に理解できました。また学習計画をしっかりと立ててくれるので、小テストの点数も少しずつ上がってきて欠点をとることがなくなりました。後期テストの一ヶ月前から過去問や先生のオリジナルの予想問題を解いて、万全の態勢でテストに臨み、単位を取得することが出来ました。今は春休み中に高校での未履修の範囲の勉強を進めながら、前期に落とした科目の勉強を継続して教えて頂いてます。

(M.Iさん 神戸)
私は薬科大学に在籍していますが大学での授業は予想を超えた、はるかに難しい内容が続いたので、2回生の途中で全く授業についていくことが出来なくなり、両親にお願いをして、家庭教師の先生をつけてもらいマンツーマン指導をして頂くことになりました。どこから手をつけたらよいかわからない状態でしたが、先生のアドバイスに従って毎日の勉強をコツコツと継続しました。不要なところは浅めの学習にして、定期テストや小テストに必ず出題されそうな範囲の学習を重点的に進めていく中で、少しずつ講義の内容を理解することができるようになりました。先生のおかげで、留年は免れましたが、まだ落としていた単位があるので、夏休みを利用して引き続き勉強を教えて頂いています。