文科系 大学受験担当教師コメント 《一般大学受験版》

大学合格の為には、文科系、理科系を問わず、英語の出来、不出来が大きく関係します。また最近の英語や国語の入試問題では、一般常識的な話題を取り入れた読解問題が数多く出題されています。そのため、開西エースでは授業の合間に時事問題を取り上げて、生徒にわかりやすく解説を行うことで、普段から国語だけでなく英語の読解問題を解くために基礎力養成にも努めています。
語学系の学問は英単語や古語単語、それに伴う文法などの「基礎力」が大事です。学生の立場から考えると「いつでもできる」の内容ですが「単純な記述苦しい、面倒くさい」内容であるため後回しになる傾向が強いです。その結果受験前に慌てて勉強しても時間切れになって受験失敗となります。単純作業は一日10分でも良いので、毎日の積み重ねが大事になります。開西エースでは毎月、教師側が生徒に合った学習計画書をたてて、日々の学習が継続して行えるように指導します。また適宣、小テストを行うことにより、生徒の理解度も管理していきます。